BlackBerry KEY2 1週間使用レビュー

キーボード付きスマートフォン「BlackBerry KEY2」を手に入れたので、紹介したい。

広告

総合評価

最初に総合評価から申し上げよう。これは、都会のビジネスパーソン向けの製品である。
高度なセキュリティやおしゃれで多機能な独自アプリ、そしてご自慢のキーボード。BlackBerry KEY2は、ビジネス用途に最適化されている。もともとBlackBerryは、ビジネスパーソンのために開発された老舗スマートフォンブランドなのだ。
防水や防塵性能はゼロ(それを承知で入手した)。サバイバルなどには向かない。完全に都会利用向きである。

一方、都会で使うとすればとても高く評価できる。高級感のあるデザインは一種のステータス性を帯びるだろうし、キーボードも使いやすい。ふつうに使っていれば、電池も1日くらい持つ。私はこれでN高校のSlackに参加したり、銀行口座の残高を確認したりしているが、ふつうのスマートフォンより操作しやすい。

ちなみに、初期設定のとき日本語で行うとうまくいかなかったので、英語やドイツ語などを選ぶ必要がある。初期設定が終わったら、日本語に戻しても問題ない。

キーボード

BlackBerryの目玉と言えばキーボードだろう。私がこのスマートフォンを選んだのも、キーボードがついてるからである。
だがINFORBAR XVと違って、キーボードだけでは操作できない。文字入力以外の操作はほとんど、画面をタッチして行う。

BlackBerry KEY2のキーボードは、慣れないと文字を入力しづらいが、慣れてしまえば簡単である。キーのポチポチという感触が心地よく感じられる。

ホーム画面上,または「スピードキー」と呼ばれるキーを押しながらアルファベットキーを押すと,アプリを開くなどの操作を実行できる。この機能はとても便利である
たとえば,「Nを短押しするとNotion,長押しするとN予備校」などという設定ができるのだ。また,「Tを長押しするとマナーモード」「Wを長押しすると無線LANをオン・オフ」ということもできる。

標準IMEの日本語入力の精度は,優れているとはいいがたい。
iWinn IMEもついているが,こちらは入力をはじめるたびに通知音が鳴る。

ソフトウエア

Androidバージョンは8.1。N予備校およびSlackは,この記事を執筆している時点では問題なく動作する。
INFORBAR XVからスマートフォンに変えた理由は,「N予備校とSlackを使いたいから」というのが主な理由である。

標準搭載されているソフトウエアは,BlackBerry KEY2に最適化されており使いやすいうえ,デザインにも優れている。特に,BlackBerry Hubは便利だ。電子メールやSMSを一覧でき,プッシュ通知にも対応している。これでブログの管理画面に不正アクセスされても,すぐに気づけるぞ

セキュリティ

BlackBerry KEY2には「DTEK by BlackBerry」というアプリが搭載されており,端末の設定やアプリを確認してくれる。
そのほかにも,セキュリティ関係でいえば「Locker」や「Password Manager」というアプリが搭載されている。私はそれらを使っていないので,詳細については説明できない。

本体とOSそのもののセキュリティでいえば,ほかのスマートフォンと大差ないと思う。どのような機器やソフトウェアにも脆弱性はあるし,BlackBerry KEY2は4年前の2018年に発売された機種なのだ。いずれにせよ取り扱いを誤れば,重要な情報は漏れ出して取り返しがつかなくなってしまう。

なお,気になるセキュリティパッチだが,執筆時点で確認したところ,2020年8月と表示されている。

緊急通報

BlackBerry KEY2には,iPhoneの緊急SOSのような機能は搭載されていない。電話アプリを開いて緊急番号にかけられるような状況でないと,緊急通報は難しいだろう。拉致監禁されたり,突然腹痛や胸痛,めまいなどが襲ってきた場合に,助けを求めるのに役立つかは疑問である。

都会のど真ん中でぶっ倒れれば,誰かがが公衆電話まで走って救急車を呼んでくれるだろうーーそんな想定で開発されたのだと思う。BlackBerryはカナダ生まれ。ドイツとカナダでは法律や慣習が違うかもしれないが,ドイツでは急病人を見かけた場合,救急車を呼んであげなければいけないらしい(ドイツ語の先生談)。

プライバシー

プライバシーという点に於いても,ほかのAndroid端末と比べて格段に優れているといえるかは疑問だ。Googleアカウントにログインする以上,Googleに情報が渡ることになる。

通信の暗号化などを気にするようであれば,VPNを使うしかないだろう。メッセージアプリについては過去の記事で述べている。
VPNなどについては,「やりすぎセキュリティ」という優良なセキュリティ特化ブログを存じ上げているので,そちらをご参照願いたい。実をいうと,私の情報セキュリティはすべて,この「やりすぎセキュリティ」を参考にしている。