N高生が同級生の本を全力で紹介してみた

Kindle出版などで活動されているきいらす氏は,私と同じN高生だ。きいらす氏はN高校の1年生。私は2年生だが転入してきたため6期生である。だから一応,タイトルでは「同級生」と書いておいた。

私はKindle Unlimitedに入っているので,きいらす氏の著書も追加料金なしで読むことができる。
同じ学校の人が書いた本って,どんな感じなんだろう。Kindle Unlimitedが使えるから,とりあえず読んでみるか。そんな軽い気持ちで読んでみたらとても面白く,私はきいらす氏のファンになってしまった。

きいらす氏の著書のなかから,特に印象に残った2冊を紹介したい。

広告

「メタバース入門書」

Kindleで読む(アソシエイト・リンク)

「メタバース」という言葉を,聞いたことはあるだろうか。この本は,メタバースについてわかりやすく説明している。
メタバース内で語原通りの独自ドメインを取って,小説を売りさばくことも夢ではないかもしれない(”domain” は,もとは領有地の意)。メタバースが当たり前になった時代には,世界はどのように変化しているのだろうか。

「不登校は武器である」

Kindleで読む(アソシエイト・リンク)

著者のきいらす氏は,中学校3年生のときに不登校になった。

現代は情報化が進み,政治や経済の情勢も大きく変化している。そのため,学校教育には時代にそぐわないところがある。当時中学生だった著者が,教育の問題点を指摘する本だ。

現在不登校の方や,不登校のお子さんをお持ちの方,教育制度に疑問を感じられている方は,ぜひ読んでいただきたい。