音楽をダウンロードで購入するほうがいい

現代で音楽を聴く最もよい方法は,ファイルをダウンロード購入することであると私は考える。

スポンサーリンク

YouTubeの問題点

動画共有サービスの “YouTube” は,動画のみならず音楽も多く投稿されている。違法にアップロードされたものも多いが;場合によっては音楽家自身が自分の曲を,わざわざビデオまでつけて投稿しているのだ。なお,人気の投稿者には広告によって収益が入ってくる。

YouTubeは非常に便利であり,魅力のあるミュージックビデオまで見ることができ,―そして何より無料である。
だがそんなYouTubeにも,音楽を聴くにあたっては適切でない点がある。

アプリを閉じると聴けない

無料版だと,YouTubeアプリを閉じてしまうと音楽の再生も止まってしまう。音楽を聴きながらスマホをいじりたいときには困るだろう。ポケットに入れてイヤホンを挿しても,何らかの拍子でアプリが閉じられてしまえば,そこで再生が止まる。なお,リピート機能は標準で搭載されていない。

通信量がかかる

また,モバイルデータ通信を利用しているならば,Wi-Fi回線のつながらないところで音楽を聴くたびに,利用可能データ通信量を消費することになる。音楽だけではなく付随する動画も再生するため,通信量は馬鹿にならない。

最近では通信量無制限,あるいは制限つきであっても非常に多くの通信量が確保されたプランも存在する。しかしそれらを契約していない方も多いだろう。

ついつい他の動画も見てしまう。

そのうえ,”YouTube” で音楽を聴くと,関係のない動画を見てしまうことがある。ちょっとした息抜きのつもりで音楽を聴こうとしたが,他の動画を見てしまい,気づいたときには何時間も経っていた。そんなことがあるかもしれない。

音楽プレーヤーで聴けない

音楽プレーヤーは便利だ。好きな音楽を保存しておいて,イヤホンを挿せばどこでも聴くことができる。だが,通常の音楽プレーヤーにはmp3やwavなどの形式で保存しなければならず,”YouTube” の動画は保存できない。

なお,”Android” などのモバイルOSを搭載した音楽プレーヤーでは,”YouTube” にアップロードされた音楽を聴くことができる。しかし,それはモバイルOSを搭載していないそれより高価である。そして,無料版ならインターネット接続範囲外では聴けない。

広告が入る

また,無料で使っている限り,広告を視聴することになる。”YouTube” の広告は個人向けに調整されているのだろう。しかし,いくら興味のあるサービスの広告とはいえ,音楽だけを聞きたいときには邪魔なものだ。
“YouTube” の広告を見るのは,動画を視聴するときだけで十分だ。

裏技を使う

上記のデメリットは,特別なアプリを使うことによって回避できる。しかしそれは,”YouTube” の利用規約に違反していたり,あるいは著作権を侵害しているものも多い。

無料ダウンロード

動画サイトにアップロードされた音楽を,無料でダウンロードすることができる。しかしそれは “YouTube” の場合利用規約に違反している。
そして,有料のCDや音楽配信がされている音楽をダウンロードした場合,たとえ音楽家の公式チャンネルからであっても,音楽家あるいは著作権保持者から直接音楽ファイルを提供されたのでないから,違法ダウンロードとして罰則が課せられるだろう。

違法ダウンロードでの逮捕は聞いたことがないとはいえ,やはり罪悪感を感じるのではないか。もしくは,いつ逮捕されるか,あるいは大衆から非難されるかわからないという恐怖を味わうことにもなろう。

CDを買う

YouTubeも無料ダウンロードもよろしくないなら,CDを買ってしまえばよいのではないかと思うかもしれない。
しかし私は,現代ではこの方法も非合理的であると考える。

高い

CDに含まれる楽曲をすべて聴くのであれば買ってもよいかもしれないが,一部しか聞かないのであればもったいない。一曲ずつ買った方が安いはずだ。
無論,聴く予定でない曲を聴いたら意外と気に入った,ということもあるかもしれない。だが,そういった “曲との出会い” を求めないなら,ダウンロード購入のほうがいい。

メタデータがない

CDに含まれる音楽データは,音楽プレイヤーで再生するときに不都合が生じる。

CDには “wav” 形式の音楽データが含まれている。ダウンロード購入で一般的な “mp3” とは異なり,曲名やアーティストといった情報,すなわちメタデータが記録されていない。
これでは音楽プレイヤーに転送したところで,一見何という楽曲かわからないばかりか,アーティストやジャンル別に並べ替えることができない。

ストリーミング

最近では,音楽ストリーミングが主流になっているが,いくつかの点に於いてはダウンロード購入が有利となる。

安価な音楽プレイヤーでは聴けない

電気街や通販サイトなどで売られている安価な音楽プレイヤーでは,ストリーミングの音楽を聴くことはできない。ストリーミングを聴くには,少なくとも “Android” あるいは “iOS” を搭載していなければならない。これらのOSを搭載するには,通常の音楽再生機能に加えて,高度な演算機能を有しなければならない。すなわち本体価格は高額になる。

定額料金がかかる

ストリーミングを利用するには,定額料金を支払う必要がある。次から次へとたくさんの音楽を聴くのでなければ,ダウンロード購入のほうが安いのではないか。

また,貧困に陥ったり,あるいは外国に逃亡しなければならないなどの理由で聴取料を支払えなくなった場合,音楽は聴けなくなる。対してダウンロード購入の場合,音楽プレイヤーの電源をなんとか確保すれば,聴き続けることはできる。

ダウンロード購入

対してダウンロード購入では,1曲ずつ買えるうえ,メタデータがついているので音楽プレイヤーで聴きやすいのだ。

音楽プレイヤー

さて,音楽を楽しむなら音楽プレーヤーは欠かせない。携帯型なら,移動中にも音楽を聴ける。

スマートフォンの電池を心配することも,(スマートフォンOSが搭載されていなければ)音楽以外の娯楽コンテンツを消費してしまうこともなく音楽を楽しめるのである。

家電量販店や中古品店に足を運ぶか,通販サイトを覗けば,多種の音楽プレーヤーが売られているはずである。