リフィルを並べ替えれば,システム手帳は便利になる

西洋紀元2021年 03月27日 土曜日

“システム手帳が,なんだか使いにくい”
“昔はよく見ていたんだけれど,最近は手に取ることが減った”

システム手帳を使っていると,そのように思うことはないだろうか。

私も数か月前から,手帳が使いづらいことに悩まされてきた。


システム手帳は,自分自身に合わせることのできる文房具だ。現状が不便なら,便利にしてしまえばよいのだ。

まず,私は使用目的を箇条書きにして紙に書いた。すると,現状のリフィル構成は使用目的に適合していることが分かったのだ。

では,なにがシステム手帳を不便にしていたのか。それは資料リフィルの分類である。

私は,日常的に,あるいは緊急時に参照さんしょう すべき情報をシステム手帳に綴 じている。それが適切に分類されていなかったことが原因だった。

すぐさま改善に取りかかった。リフィルをすべて取り出して並べ替え,仮の見出しを自作した。


並べ替えるときは,頻繁ひんぱん に入れ替えるリフィルを手帳の中央に綴じるとよい。最初あるいは最後に近い場所だと,リングを開いたときに他のリフィルが外れてしまい,入れ替えにくい。

私は,予定と緊急時資料はほぼ入れ替えることがないので,各,最初と最後に綴じた。中間には金銭管理と執筆を綴じた。

そして,不要なリフィルはすべて取り外した。


効果はすぐにあらわれた。システム手帳を開く回数が急増したのだ。

システム手帳を利用するにあたっては,定期的にリフィル構成を点検して改善することが重要である。使いにくいまま放置するのはもったいない。

自分をシステム手帳に合わせるのではない。システム手帳を自分に合わせるのだ。システム手帳は自分のものなのだから。